金としての価値と通貨としての価値

金貨を買いたい、売りたいときは、地金を取り扱う専門業者や古銭商を通じて売買することになります。最近は1000円や2000円といった少額で金に投資する積み立ても資産形成の一環として行われるようになっており、貯金感覚で金を手に入れる楽しみを味わえます。ただ、金貨の価値はその素性によって違いがあるため、よく調べておく必要があります。金の含有量、デザイン、発行量などによって価格が変わってきますので。

日本で今発行され、流通している金貨は、10万円、5万円、1万円の3種類存在します。ここでは10万円金貨を例に説明します。昭和天皇陛下御即位記念金貨は日本で初めて発行された記念金貨です。素材は純金で重量は20グラム。もう一つは今上天皇御即位記念金貨です。素材は純金で重量は30グラムです。これを純金として売却した場合、硬貨としての価値は同じですが重要が違うため、今上天皇御即位記念金貨の方が高値で取引されます。銀行で両替すると通貨としての価値は変わらないため、同じく10万円に換金されます。

金として売却すると額面以上の金額で取引されます。このように通貨としての価値と金としての価値が違うことがあるのが特徴です。

金貨の種類とその価値

金貨の世界的流通は、金で作られたお金という意味での価値だけでなく、金という物質と経済を連動させる、金本位制という仕組みも生み出しました。1816年のイギリスが世界で最初に取り入れたものです。中央銀行が発行した紙幣と同額の金を保管し金と紙幣の兌換(交換)を保証する仕組みです。日本では1897年の明治政府が金本位制を採用しました。1929年の世界大恐慌をきっかけに主要国は金本位制から離脱し、現在では採用されていませんが、それは金に価値がなくなったことを意味するのではなく、金貨の役割が変わったことを意味しています。現在世界中には20万種類の金貨があるといわれています。

現在発行されている金貨を分類すると、以下のようになります。まずは「通貨型金貨」です。これは金融機関で額面で発売されます。日本では1986年に「天皇陛下御在位60年記念硬貨」として額面10万円の金貨が発行されました。これは10万円の通貨として使うことが可能です。次が「地金型金貨」です。投資目的で所有されることが多く、カナダ政府が毎年発行するメイプルリーフ金貨が有名です。最後が「収集型金貨」です。

これは国家的な記念行事などにおいて発行されることが多いもので、金地金価格やその額面を超える価格で発売され、コレクターの間で取引されることになります。

そもそも金貨とは?

金貨とは、お金つまり貨幣の一種であり、銀貨、銅貨などと同様に、金を材料として作られた貨幣です。金は長い世界の歴史のなかで、古来より、世界各地で貨幣の材料として流通してきました。それは見た目に美しく黄金の光沢を放っていること、資源としての希少性があること、偽造が難しいこと、柔らかく加工しやすいこと、科学的に安定しており、日常的環境では錆びたり腐食しないといった特性があるからです。 たらし、純粋な金そのものは柔らかい材質のため、硬貨として流通させるのには向いていないため、銀、銅、白金などと合わせた合金が用いられます。概ね90%程度が金で、残りが銀や銅の合金といった形です。もちろん貨幣としての流通を目的としない、純粋な金も出回っていますが、これらは後で説明します。

そもそも日本では金貨とはどのような形態で、流通していたのでしょうか?
日本ではいまから1200年以上前、760年に「開基勝宝」(かいきしょうほう)という金銭が発行されたのが最初とされています。ただこのときはほとんど流通していませんでした。当時は、日本における金の産地が東日本に偏重していたのも理由の一つです。戦国時代になると山梨県で甲州金が発行されました。豊臣秀吉が作った天正大判は表面積が世界で二番目の大きさの金貨です。江戸時代に入ると小判や一分判など金貨が流通しました。なお、今日では、一般の貨幣として金貨が使われることはありません。それでも価値あるものとして広く取引の対象となっており、人々の憧れの対象となっています。

本サイトでは金貨の価値について、いくつかの事例を挙げながらご紹介します。